Immuno-Oncology がん免疫とは?

がんと免疫

がんの発生と免疫

免疫によって排除されるがん細胞

がんは、体のなかの正常な細胞の遺伝子が変化を起こして異常な細胞(がん細胞)となり、歯止めがかからずに増えていって一定の大きさになったときに、初めて「がん」として発見されます。体には、異常をきたした細胞を攻撃するさまざまな方法が備わっており、この異常をきたした細胞は、自然免疫や獲得免疫などの免疫によっても排除されています。自然免疫では、「自分ではない」異物とみなしたがん細胞を、NK細胞などが攻撃します。また、獲得免疫では、自然免疫からがん細胞の情報を受け取り、指名手配さながらに体内のがん細胞を探し出し、T細胞などががん細胞を攻撃します。

がん細胞に対する免疫のはたらき

生き残るために性質を変化させるがん細胞

しかし、がん細胞は生き残りをかけて常に性質を変化させながら、さまざまな方法で免疫によるパトロールや攻撃から逃れてさらに増えていきます。こうして大きくなったのが「がん」で、免疫に対して手ごわい性質をもったがん細胞の集まりです。

がんと免疫