本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

非小細胞肺癌 非小細胞肺癌

ONO ONCOLOGYでは非小細胞肺癌について、医療関係者の方々へ有益な情報を幅広く提供しております。

  • 薬物療法エビデンスガイド:肺がん編

    4. Stage Ⅳ NSCLC 2次治療以降の治療

    ドライバー変異例に対し分子標的薬が1次治療で使用されるようになってから、2次治療の治療戦略は大きく変わった。わが国の肺癌診療ガイドライン2016年版では、新しいドライバー変異として「ROS1遺伝子転座」が追加され、EGFR遺伝子変異について…続きをみる

    オプジーボ.jp

  • 薬物療法エビデンスガイド:肺がん編

    3. 維持療法の確立

    1次治療が奏効しても、ほとんどの患者が病勢進行(PD)をきたすため、1次治療終了後も治療を継続してPDまでの期間を延ばす維持療法の必要性が認識されている―― NSCLCに対する薬物療法の歴史をたどりながら、現在の標準治療が確立するまでのエ…続きをみる

    オプジーボ.jp

  • 薬物療法エビデンスガイド:肺がん編

    2. Stage Ⅳ NSCLCに対する1次治療(後半)

    分子生物学の著しい進歩に伴って、がんの増殖や転移に関わる遺伝子変異(driver mutation)の存在が次々と明らかになり、それらをターゲットとした分子標的薬の開発が進んだ―― NSCLCに対する薬物療法の歴史をたどりながら、現在の標…続きをみる

    オプジーボ.jp

  • 薬物療法エビデンスガイド:肺がん編

    1. Stage Ⅳ NSCLCに対する1次治療(前半)

    1970~1980年代、わが国におけるNSCLCに対する化学療法の中心は第1世代抗がん剤であるマイトマイシンC(MMC)、シクロホスファミド(CPA)、ビンクリスチン(VCR)、第2世代抗がん剤のエトポシド(ETP)、ビンデシン(VDS)な…続きをみる

    オプジーボ.jp

非小細胞肺癌に関するその他の情報

第11回 オプジーボ登場による非小細胞肺癌治療の変化、扁平上皮癌治療におけるオプジーボの臨床効果と位置づけ | 動画ギャラリー

第11回 オプジーボ登場による非小細胞肺癌治療の変化、扁平上皮癌治療におけるオプジーボの臨床効果と位置づけ | 動画ギャラリー | ONO ONCOLOGY(医療関係者向け) 第11回 オプジーボ登場による非小細胞肺癌治療の変化、扁平上皮癌治療におけ

ONO ONCOLOGY(医療関係者向け)

第5回 非小細胞肺癌治療におけるオプジーボの位置づけ | 動画ギャラリー

第5回 非小細胞肺癌治療におけるオプジーボの位置づけ | 動画ギャラリー | ONO ONCOLOGY(医療関係者向け) 第5回 非小細胞肺癌治療におけるオプジーボの位置づけ よく見られている動画 オノオンコロジー ONO ONCOLOGY for Professional 本ウェブサイトは、医療関係

ONO ONCOLOGY(医療関係者向け)

第6回 《続》非小細胞肺癌治療におけるオプジーボの位置づけ | 動画ギャラリー

第6回 《続》非小細胞肺癌治療におけるオプジーボの位置づけ | 動画ギャラリー | ONO ONCOLOGY(医療関係者向け) 第6回 《続》非小細胞肺癌治療におけるオプジーボの位置づけ よく見られている動画 オノオンコロジー ONO ONCOLOGY for Professional 本ウェブサイトは、医療

ONO ONCOLOGY(医療関係者向け)

もっと見る