本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

腎細胞癌 腎細胞癌

ONO ONCOLOGYでは腎細胞癌について、医療関係者の方々へ有益な情報を幅広く提供しております。

  • オプジーボの理解が深まる CheckMate025試験

    第2回 Durable ResponseとOS

    免疫チェックポイント阻害薬であるオプジーボには、従来の分子標的薬とは異なる点があります。特に完全奏効が得られていなくてもDurable Responseが得られる症例が存在すること、長期生存が期待できることがオプジーボのメリットです―― …続きをみる

  • オプジーボの理解が深まる CheckMate025試験

    第1回 免疫チェックポイント阻害薬とサイトカイン療法の違い

    サイトカイン療法は、免疫系を活性化させることで、宿主の癌細胞への攻撃性を向上させる治療法です。一方、オプジーボは、癌細胞の免疫逃避機構を解除することで、T細胞が再び癌細胞を攻撃できるようにします。このようにオプジーボは従来の免疫療法とは異な…続きをみる

  • 腎細胞癌治療を変えるオプジーボ

    第2回 腎細胞癌とがん免疫療法

    免疫チェックポイント阻害薬オプジーボは、腎細胞癌患者さんの生存期間(OS)の延長に寄与するエビデンスが示されており、今後、腎細胞癌治療の二次治療の有用な選択肢のひとつになっていくと考えられます―― 近畿大学医学部泌尿器科学教室 主任教授の…続きをみる

  • 腎細胞癌治療を変えるオプジーボ

    第1回 泌尿器癌におけるがん免疫療法

    泌尿器癌では、以前からさまざまな免疫療法が行われており、サイトカイン療法のような非特異的免疫療法や、ワクチン療法のような特異的免疫療法があげられます。 新たに腎細胞癌に使用できるようになった、免疫チェックポイント阻害薬オプジーボは、従来の免…続きをみる

  • これからの腎細胞癌治療を考える

    第2回 実臨床でオプジーボを使用するためのチーム連携

    オプジーボは、腎細胞がんの二次治療において、OSの延長が期待できる、患者さんにとってメリットの大きい薬剤です。 一方、免疫チェックポイント阻害薬という性質上、われわれがこれまで経験しなかった、オプジーボは、免疫関連の副作用(irAE)を引き…続きをみる

  • これからの腎細胞癌治療を考える

    第1回 腎細胞がんへ適応が拡大されたオプジーボへの期待

    根治切除不能な悪性黒色腫の治療にオプジーボが使えるようになり2年になりますが、従来の治療では1年の生存も難しかったであろう患者さんが、オプジーボにより、長期的な生存を目指せるようになり、治療概念が変わりました―― 今後、オプジーボは腎細胞…続きをみる

NEJM Journal Watch

NEJM Journal Watch

NEJM Journal Watch

腎細胞癌に関するその他の情報

腎細胞癌 - シリーズ一覧 | 動画ギャラリー

腎細胞癌 - シリーズ一覧 | 動画ギャラリー | ONO ONCOLOGY(医療関係者向け) 腎細胞癌 - シリーズ一覧 オノオンコロジー ONO ONCOLOGY for Professional 本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供することを目的としています。 ログイン 会

ONO ONCOLOGY(医療関係者向け)

第2回 腎細胞癌とがん免疫療法 | 動画ギャラリー

第2回 腎細胞癌とがん免疫療法 | 動画ギャラリー | ONO ONCOLOGY(医療関係者向け) 第2回 腎細胞癌とがん免疫療法 よく見られている動画 オノオンコロジー ONO ONCOLOGY for Professional 本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供

ONO ONCOLOGY(医療関係者向け)

第1回 腎細胞癌と免疫原性 | 動画ギャラリー

第1回 腎細胞癌と免疫原性 | 動画ギャラリー | ONO ONCOLOGY(医療関係者向け) 第1回 腎細胞癌と免疫原性 よく見られている動画 オノオンコロジー ONO ONCOLOGY for Professional 本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供すること

ONO ONCOLOGY(医療関係者向け)

もっと見る