本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

irAE(免疫関連副作用) irAE

ONO ONCOLOGYではirAE(免疫関連副作用)について、医療関係者の方々へ有益な情報を幅広く提供しております。

  • 心筋炎・筋炎

    オプジーボ、ヤーボイの投与による心筋炎・筋炎の発現が報告されています1-7)。 心筋炎は初期症状が軽微でも急速に劇症化することがあり、また致死的な不整脈の原因となるため、いかに初期段階で治療を開始できるかが重要です。 ここでは、成因・病態や…続きをみる

    irAEアトラス.jp

  • 重症筋無力症

    オプジーボ、ヤーボイの投与による重症筋無力症の発現が報告されています1-5)。クリーゼになると急速に呼吸不全が進行する恐れがあるため、重症筋無力症の発現が疑われる場合には、速やかに適切に対処する必要があります。 ここでは、成因・病態や早期発…続きをみる

    irAEアトラス.jp

  • 肝不全・肝機能障害・肝炎・硬化性胆管炎

    オプジーボ、ヤーボイの投与による肝不全、肝機能障害、肝炎、硬化性胆管炎などの発現が報告されています1-3)。主に、無症候性の肝機能検査値異常が認められますので、治療の機会を逃すことのないよう定期的に肝機能をモニタリングし、注意を払う必要があ…続きをみる

    irAEアトラス.jp

  • 甲状腺機能障害

    オプジーボ、ヤーボイの投与による甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、甲状腺炎、副甲状腺機能障害等)の発現が報告されています1-3)。これらのirAEの症状は非特異的であるため、治療機会を逸することのないよう細心の注意を払う必…続きをみる

    irAEアトラス.jp

  • 1型糖尿病

    オプジーボの投与による1型糖尿病が報告されています(ヤーボイによる副作用は現在のところ未確認)1-4)。 1型糖尿病のうち、劇症1型糖尿病は急激に重篤化し、早い段階で適切な処置をしなければ死亡に至るリスクも想定されます。そのため、オプジー…続きをみる

    irAEアトラス.jp

  • 免疫チェックポイント阻害薬の副作用マネジメントの実際

    第2回 甲状腺機能障害について

    免疫チェックポイント阻害薬の登場により、がん治療に加わった新たな治療選択肢を臨床で活用するために、必要なirAE(免疫関連有害事象)のマネジメントとして、今回はそのひとつ甲状腺機能障害について、甲状腺機能低下症・甲状腺中毒症、irAEとして…続きをみる

  • 間質性肺疾患

    オプジーボ、ヤーボイによる間質性肺疾患として、肺臓炎、肺浸潤等が報告されており、中には死亡に至った例もあります1-3)。 間質性肺疾患は投与初期に発生することが多いものの、治療期間を通して発現が報告されていることから、治療期間中はもちろん治…続きをみる

    irAEアトラス.jp

  • 免疫チェックポイント阻害薬の副作用マネジメントの実際

    第1回 1型糖尿病について

    免疫チェックポイント阻害薬の登場により、がん治療に加わった新たな治療選択肢を臨床で活用するために、必要なirAE(免疫関連有害事象)のマネジメントとして、今回は1型糖尿病について、分類と病態、オプジーボ投与による1型糖尿病、1型糖尿病発現時…続きをみる

  • 総論

    「総論」では、オプジーボ、ヤーボイに起因する免疫関連副作用(irAE)に対するマネジメントの実際を包括的に情報提供いたします。 一部のがん腫においてはオプジーボとヤーボイの併用療法が処方可能となり、ますます処方範囲が広がる中、集積された国内…続きをみる

    irAEアトラス.jp

  • irAEアトラスについて

    「irAEアトラス」では、オプジーボ、ヤーボイに起因する免疫関連副作用(irAE)のマネジメントについて、実践的かつ最新の情報を実臨床に携わる先生方にご提供して参りました。一部のがん腫においてはオプジーボとヤーボイの併用療法が処方可能となり…続きをみる

    irAEアトラス.jp