本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

がんチーム医療レポート
がん免疫療法の現場から
がんチーム医療レポート がん免疫療法の現場から

全国各地のがん診療施設における院内連携の取り組みや、オプジーボを含む免疫チェックポイント阻害薬の適正使用推進のための工夫をご紹介します。

最新記事

がん・感染症センター 都立駒込病院 施設外観

がん・感染症センター 都立駒込病院

多診療科・多職種が連携した集学的医療を生かし、irAEマネジメントに取り組む

がんと感染症を中心とした高度専門医療を提供する都立駒込病院。がん診療においては、厚生労働省から東京都がん診療連携拠点病院および造血幹細胞移植推進拠点病院の指定を受け、地域の医療機関との連携や専門研修の実施など、東京都全域(移植医療においては関東甲信越地域)の社会基盤整備の一旦を担っています。
また、日本では数少ない皮膚腫瘍科があり、免疫チェックポイント阻害剤:オプジーボ(一般名:ニボルマブ、抗PD-1抗体)を早くから採用し、多診療科・多職種が連携した集学的医療を推進し、免疫チェックポイント阻害剤の治療と免疫関連副作用(irAE:immune-related Adverse Event)への対応に生かしています。
同院の取り組みと、今後の課題についてお話をうかがいました。

インタビュー
皮膚腫瘍科医、呼吸器内科医、皮膚腫瘍科病棟看護師
キーワード
病院全体でのirAEマネジメント体制、電子カルテの工夫、同意書、irAE注意喚起シート、問診票
続きを読む

施設記事一覧