これより先は会員限定になっております。
ログインしてご覧ください。

サムネイル

多発性骨髄腫細胞とそのプロテアソームサブユニットに対するカイプロリスの作用

現在、 複数のプロテアソーム阻害剤が臨床応用されていますが、 プロテアソームのサブユニットに対する最も効果的な阻害パターンは分かっておりません。そこで、 プロテアソーム阻害剤の各サブユニットに対する阻害プロファイルを検討した研究をご紹介いたします。
多発性骨髄腫細胞とそのプロテアソームサブユニットに対するカイプロリスの作用として、 新たな示唆となる研究です。

多発性骨髄腫 カイプロリス
公開日:2021年11月
06:38

効能又は効果、用法及び用量に関しましては、最新の添付文書および適正使用ガイドをご確認ください。

添付文書 適正使用ガイド

※先生の所属、役職等は取材当時のものとなっております

シリーズ

サムネイル

A.R.R.O.W.試験

2