本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

  • 2021年05月25日

    ビラフトビカプセル75㎎ 、ビラフトビカプセル50mg

    添付文書
  • 2021年09月27日

    オプジーボ点滴静注20mg 、オプジーボ点滴静注100mg 、オプジーボ点滴静注120mg 、オプジーボ点滴静注240mg

    添付文書
  • 2021年08月19日

    カイプロリス点滴静注用10mg 、カイプロリス点滴静注用40mg

    適正使用ガイド

これより先は会員限定になっております。
ログインしてご覧ください。

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の医療機関にお勤め(医師、薬剤師、看護師等)の方に提供することを目的として作成しております。
医療従事者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

ご視聴有難うございました

公開日2021年3月22日
04:20

胃癌腹膜播種・腹水を有する症例において薬物療法をつなげるためのポイント解説

胃癌薬物療法の切替タイミングについて~PSを低下させる要因と病態を考える~

胃癌の腹膜播種や腹水は予後不良因子であり、治療の継続に影響を及ぼす可能性が示されています。また、腹膜播種・腹水症例は画像での評価が難しいことが知られており、病勢進行を適切に見極め、治療を切り替えることが重要となります。今回は、九州大学大学院 消化器・総合外科 診療准教授 沖英次先生より胃癌薬物療法をつなげるために知っておくべきポイントについてご紹介いただきます。

効能又は効果、用法及び用量に関しましては、最新の添付文書および適正使用ガイドをご確認ください。

先生の所属、役職等は取材当時のものとなっております

動画の推奨環境はこちら