ビジュアルで学ぶがん悪液質 胃がん患者における化学療法中のがん関連体重減少の発症頻度に関する後ろ向きコホート研究

エドルミズ
本研究では、胃がん患者を対象に「初回化学療法中に発症したがん関連体重減少(WL)」をがん悪液質のサロゲートマーカーとして、WLの発症状況、全生存期間や有害事象発現とWLの関連性などについて、後方視的な検討が行われました。その結果についてご紹介します。
胃がん患者における化学療法中のがん関連体重減少の発症頻度に関する後ろ向きコホート研究

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。 医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。