本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

胃癌 胃癌

ONO ONCOLOGYでは胃癌について、医療関係者の方々へ有益な情報を幅広く提供しております。

  • Oncology Illustrated

    Vol.2 PD-L1とPD-L2

    抗PD-1抗体薬ニボルマブはPD-1経路のシグナル伝達を阻害し, 抗腫瘍免疫の回復を促す。 さまざまな遺伝子異常の蓄積により発生するがん細胞は,初期においては免疫系による「監視」により攻撃され, 排除される。抗腫瘍免疫抑制機構が生じること… 続きをみる

    オプジーボ.jp

  • Oncology Illustrated

    Vol.1 免疫チェックポイント阻害薬

    "がんを治療する"のではなく,"免疫を治療する1)" 免疫機能の活性化を維持してがんを攻撃する薬剤 現在,新しいコンセプトをもった医薬品の開発や次世代型の創薬・治療が始まりつつある。新しいタイプの薬のひとつが「抗体医薬品」である。「抗体」… 続きをみる

    オプジーボ.jp

  • 胃癌治療ガイドライン

    胃癌治療ガイドライン 第5版の改訂ポイント

    今回は、2018年1月に発刊された「胃癌治療ガイドライン 第5版」の改訂ポイント(化学療法中心)についてと、Nivolumabが三次化学療法で推奨される根拠となったATTRACTION-2試験の概要について、愛知県がんセンター中央病院 薬物… 続きをみる

胃癌に関するその他の情報

1 〔使用上の注意〕 2.重要な基本的注意 (1)省略(変更なし)

フィラキシーショック 1日投与量、投与期間 150mg、1日男性 60歳代使用理由:化学療法剤による嘔吐の予防合併症:胃癌経過及び処置投与135日前日付不明投与50日前投与43日前投与42日前投与23日前投与18日前投与10日前投与1日前投

ONO ONCOLOGY

1 〔使用上の注意〕 2.重要な基本的注意 (1)省略(変更なし)

ーショック 1日投与量、投与期間プロイメンド150mg、1日男性 60歳代使用理由:化学療法剤による嘔吐の予防合併症:胃癌経過及び処置投与135日前日付不明投与50日前投与43日前投与42日前投与23日前投与18日前投与10日前投与1日前

ONO ONCOLOGY

2020年9月作成 OPD-Z289 効能又は効果ならびに用法及び用量追加・変更のお知らせ

典的ホジキンリンパ腫再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃癌がん化学療法後に増悪した切除不能な進行・再発の悪性胸膜中皮腫がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な

ONO ONCOLOGY

もっと見る