本ウェブサイトは、医療関係者の方を対象にオンコロジーに関する情報を提供することを目的としています。

製品に関する重要なお知らせ

PCNSL

ONO ONCOLOGYではPCNSLについて、医療関係者の方々へ有益な情報を幅広く提供しております。

PCNSLに関するその他の情報

使用の制限あり 2020年9月改訂(第4版) 日本標準商品分類番号

イルス IC50 50%阻害濃度 IgE免疫グロブリンE IgG免疫グロブリンG IgM免疫グロブリンM INR国際標準比 IPCG International PCNSL Collaborative Group ITKインターロイキン2誘導型T細胞キナーゼ JAKヤヌスキナーゼ KLHスカシガイ由来ヘモシアニン KPS Karnofsky Performance Status LCK lymphocyte-specific protein tyrosine kinase LPL

ONO ONCOLOGY

1/3 ベレキシブル錠®80mg 市販直後調査の中間結果のご報告と

するお願い平素は適正使用の推進にご協力を賜り、誠にありがとうございます。 本剤は2020年5月20日の発売日よりPCNSL、8月21日の効能又は効果に関する一部変更承認日よりWM/LPLの市販直後調査を実施中です。 発売後から集積された副

ONO ONCOLOGY

─1─ 注)注意-医師等の処方箋により使用すること 3.組成・性状

を1日1回空腹時に投与した。 奏効率は52.9%[95%信頼区間:27.8~77.0%](完全奏効1 例、不完全奏効5例、部分奏効3例(International PCNSL Collaborative Group(IPCG)基準による中央判定))であった。 また、安全性評価対象となった17例中13例(76.5%)に副作用(臨床検査値の異常を含む)

ONO ONCOLOGY

もっと見る