施設取材 ベレキシブル使用の実際 杏林大学医学部付属病院におけるべレキシブル使用の実際

ベレキシブル
杏林大学医学部付属病院は、東京西部地区三多摩における中核的医療センターの役割を果たす特定機能病院であり、がん診療連携拠点病院となっています。 ベレキシブルは、これまでに12例(再発11例/難治1例)の患者さんに使用されてきました。今回は、実際の使用経験をもとに、ベレキシブル導入から継続時のポイント、皮膚障害の発現状況、副作用マネジメントについてご紹介いただきました。
杏林大学医学部付属病院におけるべレキシブル使用の実際

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。 医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。